Akata Works

フルスタックなクリエイターになる・・つもりの二年目Webエンジニアのブログ

Xcodeで遭遇したエラーたち・・(逐次更新)

見つかる度に逐次更新していく予定です。

duplicate symbol OBJC_CLASS$_${hoge} (2015-09-18)

同じ名前のクラスや変数,メソッドなどが定義されていれば発生します。本来はIDEの恩恵ですぐに気付くと思いますが、僕の場合はCompile Sourcesに同じファイルが含まれていたことによって発生しました。

ファイルの作り直しとかをしてたら遭遇するかもしれません。

importで"*.m"ファイルを間違えて読み込んでも発生するそうです(参考URLはてブより)

ARC forbids explicit message send of ${'autorelease' | 'release'} (2015-09-28)

メモリ管理方式でARCが有効になっているのに、autoreleaseメソッドやreleaseメソッドが記述されていると発生します。

TARGETSの設定からBuild Settings => Apple LLVM - Language - Objective C => Objective-C Automatic Reference CountingをNoにすることで解消します。

古いカウンタ管理方式を用いているアプリケーションを、新しいXcodeで編集したことによって発生しました。

Include of non-modular header inside framework module ${module_name} (2015-10-22)

フレームワークのモジュール内に非モジュールのヘッダファイルがインクルードされていると発生します。

TARGETの設定からBuild Settings => Apple LLVM - Language- Modules => Allow Non-modular includes in Framework ModulesをYesにし、
読み込みを許可することで解消できますが、
もしあなたがフレームワークの開発者ならば、ちゃんとmodulemapで対応したほうがいいと思います。

App Transport Security has blocked a cleartext HTTP (2015-11-19)

iOS 9からHTTPS通信が推奨されるようになったため、HTTP通信を行うとこのエラーに遭遇するかも知れません。
でも、Appleが推奨しているので、できればHTTPSに切り替えるほうがいいと思います。

一応、ATSを無効にすることでHTTPでも通信は可能です(詳しくは参考URLを見てください)

ld: bitcode bundle could not be generated because ${framework_path} was built without full bitcode. (2015-12-07)

使っているフレームワークがBitcodeに対応していないのに、Bitcodeを有効にしていると発生します。
Bitcodeに対応するのを待つか、TARGETSの設定からBuild Settings => Build Options => Enable BitcodeをNoにすることで無効にできます。

Xcode 7から有効になったので、Xcode 6で作ったアプリケーションをXcode 7で起動した人は見たことがあるんじゃないでしょうか?

また、Bitcodeについては別記事にまとめていますので、よかったらそちらも御覧ください。

参考URL

プログラミング雑記: duplicate symbol エラー