読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Akata Works

フルスタックなクリエイターになる・・つもりの二年目Webエンジニアのブログ

ScalaをインストールするためのAnsible-Roleを書いた

ちゃんとgit pullした後にpullされているか確認しましょう。
ひどい目にあいますよ\(^o^)/

はい、今回はScala(ついでにsbtも)です。結論:めっちゃ簡単だった

akatakun/scala · GitHub

Yumリポジトリの追加をget_urlモジュールでやりました。
あと、yumモジュールにURLを指定するとrpmファイルをlocal installできます。
localhostオプションは非推奨らしいのでこっちを使いましょー!!

とまあ、このへんがポイントでしょうか??

短いからソースコードも貼っとこう(これで安心だ)

---
- name: Install dependent repositories
  get_url:
    url=https://bintray.com/sbt/rpm/rpm
    dest=/etc/yum.repos.d/bintray-sbt-rpm.repo
    mode=0644

- name: Install dependent libraries
  yum: name={{ item }} state=present
  with_items:
    - java7
    - http://downloads.typesafe.com/scala/2.11.4/scala-2.11.4.rpm
    - sbt

local installだとyumモジュールの冪等性チェックに時間がかかるような気がします。
ダウンロードとインストールを分けたほうがいいかもしれませんね。


おまけ

git pullされてなかったのはこれと同じっぽい

submoduleの闇にはまりつつあるな・・

参考URL